SITEMAP >>HOME >>
 蔵王温泉オススメ情報  | 温泉街イラストマップ  | 絵手紙ギャラリー/絵手紙投稿フォーム |  
山形面白観光イベント
蔵王三大神めぐり
蔵王温泉スキー場
ライブカメラ
蔵王大露天風呂
足湯/共同浴場
オープンガーデン
蔵王の宿の混み具合
蔵王の宿手作りリンク
(地図検索)
リニューアル中
夏山トレッキングガイド
樹氷観賞トレッキング
蔵王温泉スキー場
ゲレンデガイド
源七露天の湯
新左衛門の湯
こけし絵付け体験
平清水焼き物体験
稲花餅
玉こんにゃく
サクランボ狩り
蔵王温泉観光協会
蔵王温泉民宿組合
蔵王温泉
メールマガジン
蔵王温泉
いいあんばい
山形市観光協会

【伝統と誇りの名物 「稲花餅」

蔵王温泉には、とっても可愛くって、美味しいお餅があります。
「稲花餅(いがもち)」と言って、本物の笹の葉の上に三つ小さめの白いお餅をおき、黄色く染めたお米の粒が飾ってあって、とても愛おしい感じのお菓子です。餅の中には甘さ控えめのこし餡が入っていて、もちもちした歯ざわりで、実に味わいを深めてくれます。

普通、温泉に行くと、朝、お土産物屋の店先でもうもうと湯気を上げている風景が見られます。どこにでもあるような 温泉饅頭です。アツアツお饅頭は美味しいですよね。

しかし、この蔵王温泉の「稲花餅」は、もっとコダワリのある伝統的な餅菓子なのです。

「稲花餅」は古くから蔵王温泉街の各土産物屋で、名物として作りつづけられてきました。

【本物の笹の葉のコダワリ】

餅の下に敷く笹の葉は、今も蔵王の山から採ってきた本物の「隈笹」の葉を使っています。 笹の葉の独特の風味が微かに餅に移り、口の中にほのかに香ります。

どこかに郷愁が漂う、郷土の餅菓子でもあるのです。

是非食べてみたいと言う方は、商店会の各お土産物屋さんにご用命ください。

ただしこの「稲花餅」は日持ちがしません。添加物を使用していないためです。お買い求めいただいたらその日のうちにお召し上がりください。笹の葉の抗菌作用で腐りにくいのですが、すぐかたくなってしまいます。

もし、かたくなってしまった場合は、ご飯を炊いて、炊き上がったお釜(電気釜)の中で10分ほど蒸らしますと、出来立てのように温かくやわらかくなります。
また天ぷらの衣を付けて、揚饅頭にしても美味しくいただけます。


祝!2006年7月20日(木)
ホームページ公開予定
旅の情報源としてお
役立て下さい。


祝!ホームページ公開記念
Flashアニメーション(45秒)

「湯けむり下駄の音物語」
ホームページが
できちゃったの巻
こちらからも
↓ご覧になれます↓


地図・道路規制情報
山形新幹線時刻表
山形空港
山形交通


初めて訪れる方
お気軽にご質問ください


晴れたらいいね!
 

蒸しあがったばかりです。 手作業で笹の葉に乗せていきます。
お茶請けに。 3個×10枚入り1,200円
3個×5枚入り600円
   

蔵王温泉商店会『湯煙り下駄の音情報局』
Copyright (C)  ZAO-ONSEN SHOTENKAI All RightsReserved.